サ高住とは

超高齢化社会となった日本に増え続けている「サ高住」。 「サ高住」とは、サービス付き高齢者向け住宅(賃貸住宅)のことです。 通常の賃貸住宅と同じように自由な時間と空間を保ちながら、高齢者に配慮した建物構造を持ち、必要な時には介護や医療のサービスが受けられることから、とても人気があります。最近では、ご自分が住んでいる自宅を売って、そのお金で引っ越す方も少なくないそうです。 しかし値段はちょっとお高め・・・初期費用は0〜数百万円、月額費用はおよそ10〜30万円が相場なので、 月額10万円を20年支払うとすると、約2400万円、 月額20万円を20年支払うとすると、約4800万円程度かかります。 「サ高住」に住むと決める前に、ご自分が所持する資産をチェックして、「サ高住」も終の棲家の候補に入れられてはいかがでしょうか?

不動産の資産価値を知りたい方はこちら

詳細はこちら


不動産コラム:売却に失敗しない・高く売るコツ

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

高く売る為には、内覧の件数を増やしていく必要があります。中古の不動産売買では、購入を予定している者はほぼ間違いなく内覧を希望します。「参考見学」や「比較の為の『当て馬』見学」がほとんどでも負けずに来てもらうべきです。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

物件の購入を希望する人の現在の状況や家族の環境に対しての様々な事柄を集めておくべきです。転勤族であったり子供の学校の転校のために物件の引き渡しに制約がある時には、それを知って交渉を進められる場合、相手の物件購入価格や条件がかなり異なってくるでしょう。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

自分に適している不動産屋さんを選択する場合は、3店舗程の不動産屋に実際に行ってみるのがベストと言えます。2つくらいの業者だと自分に合った不動産屋には会うことが出来ない場合だってあるのです。

不動産を高く売りたい方はこちら

詳細はこちら